ベガ 星人

Add: xuxat68 - Date: 2020-12-06 02:25:58 - Views: 6140 - Clicks: 2859

リラ人類の進化と創造の歴史は、究極の発展を遂げる中で愛と真理のバランスを崩し、宇宙創造神の聖域を侵してしまった。そのためリラ文明は、自ら予期しなかった文明崩壊の危機を招くこととなった。 それはある日、リラ星の深層部に巨大な炎が出現し、それが恐ろしい大爆発を引き起こした。巨大なリラ星は爆発して粉々になり、その膨大な破片はさまざまな速度で回転しながら宇宙中に拡散してしまった。そして、大災害の起こる前にリラ星のあった場所には、炎を噴出する不動の巨大な火の玉だけが残された。それが、地球人が太陽と呼ぶ星である。爆発して粉々になったリラ星の欠片(かけら)はこうして宇宙空間を移動し、それが惑星や衛星になった。そして何億年もかけて、それらは互いにひき付け引き寄せ合いながら、新しい銀河を形成していった。破壊されたリラ星の一番大きな欠片は、太陽から何十万光年も離れた場所まで飛ばされてしまった。しかしその欠片に存在していた幾つかの街は難を逃れ、そこにいた住人も生き残った。そこにあった小川や一部の湖、そして数種類の植物も破壊されずに残ることができた。 12の種族から成り立っていたリラ種族のうち、ルシエルとオリオンという2種族が、リラ文明の神官ヤハウェの意に反し、リラ文明を破壊してしまった種族である。リラ星の崩壊に向けては、2種族間で意見の対立があった。この2種族は、ルシファー(ルシエル)とオリオン種族の先祖ともなるが、ルシファー種族の破壊的な行動をオリオン種族は止めることができず、真理探求を科学に偏重することで宇宙創造神の愛を見失い、極限に達した科学技術を乱用して大爆発を起こし、リラ星自体を崩壊してしまったことが、そもそもの始まりである。 この2種族は、その後、銀河宇宙史に繰り広げられた悲惨な宇宙戦争のカルマ発生の起源となってしまった。地球人類の争いの歴史というのは、それが投影されたものである。 崩壊と同時に発生したカルマ清算の苦悩が、ここから始まることとなった。 大爆発の後、膨大な星の破片が宇宙に散らばっていった。そして何億年もの時間が経つにつれて破片は引き寄せ合い、新しい銀河を形成していった。リラ星人は、その大爆発の起きる数世紀前から宇宙旅行を始めていたが、大爆発が引き起こした暗闇を克服し、欠片となった新しいリラ星が始めた自転運動に慣れ、太陽の誕生が引き起こしたその恐ろしい大激変. ベガ星人はこれまで戦争をしたこともなく、彼ら同士や隣人の間で喧嘩をしたこともない。彼らはむしろ、隣人を助ける。これこそが、ベガ星人の天分だといえる。 ベガ星について. プレアデス星人の特徴は、日本人の場合は日本人らしくない容姿をしており、目の色も違ったり、正義感が強く、まじめなどが挙げられます。小さな時から友達が少なく、孤独を感じたり、集団の中になじめず一人だけ浮いているように感じることもあったことでしょう。スターウオーズが好きと言う人もこの星出身の特徴です。 プレアデス星人は日本人の中に多く見られると言います。縄文時代の土偶を見ると、独特な顔や服装をしていますが、これはプレアデス星人ではないかとも言われています。ちなみに「すばる」とは、プレアデス星団のことを指します。プレアデス星人も日本人と深い関係にあると言います。 プレアデス星人は元々金星に住んでいましたがのちにプレアデスに移住し、そして地球人として生まれ変わったと言われます。何回も地球人として生まれ変わっているのでプレアデス星人としての記憶はないそうです。. See full list on ベガ 星人 utyunosinjitu. . 前世でベガ星人だったという少年が、日本にいます。 link_type=hybrid_url&ut.

シリウス星人がほかの宇宙由来のものに比べて多様性があるのは、この琴座星人とベガ星人の紛争があったから。 琴座星人は、銀河系生命の発祥なので、銀河系宇宙由来の魂は琴座星人の子孫となるのです。 シリウス星人が地球をアセンションするって本当?. その為アルクトゥルス星人以外の「星人」も多く存在するのです。 例えば、シリウス星人は多様な意識形態が存在し、エジプトでは神様として降臨したり、イルカやクジラとなって現れると言われたりもします。. ベガ星人は 、意志の強いタイプで独立心 があります。. 前世ベガ人の話だっという驚異的シンクロ。 たまたま見た動画が、ベガ人の動画だった。 少し前からベガの前世のことを気にしていたところだった。 やっぱり私の前世はベガ人なのかな??と思ってしまいそうになる。.

ベガ星から来た記憶を持つというスーパーチャイルド・タケちゃん(小学5年生) の興味深い記事がありました。 アネモネ12月号表紙の宇宙を見つめる少年がタケちゃんです。 お母さんによると、タケちゃんが最初にベガ星の話をしたのは2歳の頃とか。. こと座文明の一部であるベガ星人ですが、キャラクターは若干異なるようです。 彼らのエネルギーを持つスターシードは誇り高く、独立心に富んでいます。. See full list on cuty. シリウス星は高度な技術を持ち精神的にも高い波動を持っています。しかしシリウス神はかつては荒くれ者の、劣等感の塊のような存在でした。シリウス神は地球と向き合うことを心に決め、その時より自分を高めていったと言われます。 シリウス神と日本人は、知らぬ間にお互い交信し合っていて影響を与えたり受けたりしていたと言います。その影響は、日本人の謙虚さや奥深さ、尊敬の念などに現れていると言えます。. クラリオン星人、ユミット人、(バシャールで有名な)エササニ人、ウンモ星人他。 彼らは主に転生した魂に働きかけ、情報提供をすると共に、種々のサポートをしています。 ベガ 星人 <自分の縁のある星は見つかりましたか?. プレアデス星人の外見の特徴は、人間の体型に近く西洋人のような美男美女のような美しい人が多くいます。 髪の毛も美しく穏やかな目元をしており、日本人として見慣れない顔立ちのため、周囲から浮いてしまうことも少なくありません。 夏の天の川 右上に大きく輝くのがベガ、左下に大きく輝くのがアルタイルです。 皆さんこんにちは 本日は、年7月7日、ベガ(こと座の織姫)とアルタイル(鷲座の彦星)が年に一度出会う七夕の日で、愛や開放のエネルギーが特に高まる日のようです。. 「存在のすべて」は大地を作り、海を作り、地に植物を生えさせ、太陽と月を作り、魚と鳥を作り、獣と家畜を作り、神に似せた人を作っていく。こうして一番最初に肉体を持った転生が起こった場所が、環状星雲M57の琴座のリラ星である。 遺伝子は光子が物質化した物であり、すべての宇宙の種族はあらゆる意味で繋がっている。 ヤハウェは、肉体を持ったリラ人の神官として転生し、リラ人類の親として、リラ文明を代々導いた。この神官の子孫は日本にいる天皇である。 当時、リラ星は宇宙空間に存在する唯一の巨大惑星だった。その直径を地球の単位で表すと、2×(10の50乗)光年であり、その大きさは地球の何億倍以上もの大きさだった。リラ星は唯一の銀河に属しており、そこにはリラ星のほかに、弱々しく光る白熱状態の星が無数にあった。そして延々と昼だけが続いていた。それは惑星も、その衛星もまったく動いていなかったからである。そして地表での生活が可能だったのは、惑星の核から発せられる強力な引力があるためであった。リラ星は、宇宙で初めて生命を生み出した惑星の一つである。文明は非常に進んでおり、リラ星の年数で10の18乗年もの時間を費やして訓練と学習を行ない、最大の力を発見することに成功した。リラ星人は最も陽性な生活を送れる社会を築くことに成功し、生命にダメージを与える陰性のものをすべて排除することも成し遂げた。 リラ星にはピラミッド、石造建築、鉱物であるクリスタルによるエネルギー装置が存在した。後の地球上に築かれたピラミッドや各地の石像遺跡、そして古代の海底遺跡はすべて、リラ星の技術が受け継がれて作られたものである。また地球上に存在する伝統芸能や民族文化のほとんどは、リラ星の文化が時とともに変化していったものである。 またリラ星には一なる法則が存在した。一なる法則とは、すべてのものが一つであり、良いと考えるものも悪いと考えるものも、すべては表裏一体の関係であるという考えである。 現代人の思考パターンは、「正しい」か「誤り」、「良い」か「悪い」、「綺麗」か「汚い」という両極端でモノを考えることに慣れ、これは陰陽の二極、二元的な思考である。人間は創造神と人間とを分離させて考える。自分が創造神との一体性の中にいるという事を知らない状態にいる。しかし実際は、知らない状態は知ってる状態の中にあり、つまり常に一体性の中にい.

ベガという曲を発表したときに とても共感したのを覚えている。 さて、このベガ星人だが 元々融合型世界の中で生きていた リラ星人の中から、最初に生まれた 二極性を持つ人種だ。 リラ星人同様古い歴史を持つ 魂軍団だが、その特徴は以下の通り. デザインは 成田亨 によるもので、 ゴドラ星人 の応用としている 。 ペガッサ星人が使用したペガッサガンは、第11話における ワイルド星人 戦でキリヤマ隊長が使用する。. 次に この記事に書いている 変身する宇宙人とは 物理的に肉体を変化させる存在の事です.

ベガ星人の情報 日本では扱われないため探すのに苦労。ベガが出身星だったということを自分の中で、ようやく受け入れられたhukuは、ベガについてもっと知りたいと思うようになり、昨日はベガに関する情報を探していました。. 今回の「Spiritosphere(精神圏)2」はベガ星の記憶を持つという少年「たけちゃん」&古代秘史ハンターとして活躍する坂井洋一先生です。もう一人の. ペガッサ星人ベガがイラスト付きでわかる! ペガッサ星人ベガとは、『ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル』『ウルトラマンクロニクルzero&geed』に登場するペガッサ星人。 cv:潘めぐみ 概要 ペガッサ星人ペガと一字違いな名前のペガッサ星人。. ベガ星人ボルボルとの交信記録 第二弾‼ ベガ星人の祭典とは?またベガ星人の特徴や文化・生活の様子とは?ベガ星人の. 第5話「消された時間」に登場。脚本ではヴィラ星人と表記しているため 、これに準じている書籍もあるが 、現在の公式名称はビラ星人である 。 陸地が星全体の10分の1しかない小さなビラ星から、大船団で地球に侵攻する。. シリウスには宵星(しょうのほし)や暁星(ぎょうのほし)、夜門星(よどのほし)、夜通星(よどほしぼし)、恵蘇星(よそのほし)、与謝星(よさのほし)、耶蘇星(やそのほし)など実に様々な名前が付けられています。地域や時代によっても呼び方が違い、時計や暦代わりなど、いろんな意味があります。 こんなにもたくさんの呼び方があると、日本とシリウスの関係の深さがうかがえます。シリウスは戦争中まで金星と共に視力の訓練としても使われました。日中でもこれらを見ることによって砲台の照準を調整できるようにするためです。.

リラ星のシーミという街には幅の広い道路が通り、平屋建てと二階建ての住居が立ち並んでいた。建物はすべて巨石のブロックでできている。その巨石は余りにも大きいので、ブロック一枚で家の壁面が築けるほどであった。 ベガ星人はその能力を最大限にまで進化させることができ、その成果の一つが、重力除去の能力である。つまり巨石から特定の重力を排除することができれば、指定した場所に簡単に運び入れることができる。それだけでなく、とのテクニックを使って運搬することもできる。しかしこの方法は特別な場合にのみ用いる。重力除去のほうがより便利である。それは重力除去された巨石の山が、まるで風に飛ばされているかのように、一つの場所から別の場所へと宙を舞っていくからである。 リラ星人は球体のマシンや空飛ぶ円盤のようなマシン、超小型の飛行機などを持ち、それらのマシンはすべて地面から数メートルの高さを飛びながら、エアジェットのようなものを噴出する。 そのエアジェットは、石や潅木(かんぼく)などの雑物を消してしまえるほど強力なもので、マシンが通過した後には地面には何も残らない。このようにして数百キロ平方の広大な平原が、スタジアムのように何もない更地に整備される。その後すぐそこには、完璧に加工された巨石が巧みに誘導されてくる。その巨石はまるで雪のかけらのように、設計プランに沿って、建設現場の指定された場所に舞い降りていく。そして次第に、住居や道路が姿を現し始める。それは現代建築でいうところの二階建てほどに相当する巨大な石が、空中を舞う紙のようにゆっくりと下降していく様子であり、それをたった1人の人間が、片手と息のひと吹きで数個の巨石を操っているのである。これらの空中を舞い降りる石は重力が除去されている。 しかし作業中に飛んでいってしまわないように、必要最小限の重量は残してあある。これはリラ星人が建設作業を行なう時に用いる方法の一つである。. 独創的で知的 内なる宇宙を探求する ベガ星人 【羽ばたく】 ベガ星人の8月の運勢キーワードは『羽ばたく』 1年の中で、もっともエネルギーが高いこの時期。 ベガ 星人 思い切って羽ばたいていいよ!とメッセージが来ています。. ベガ星人は元々融合型世界の中で生きていたリラ星人の中から、 最初に生まれた二極性を持つ人種 。.

イルカやクジラは元々地球を見守るためにやって来たシリウス星人が祖先と言われています。シリウス星人は遺伝子工学に優れているので地球に適した体にするため、自分たちのDNAを操作したと言います。イルカやクジラはとても頭がよく、精神性も高度であり、宇宙と交信をしていろんな情報を得ているとも言われます。 上記のような背景があり、シリウスの前世を持つ人々はイルカやクジラが好きですし海も大好きなのです。ところでシリウス星人には2つの種類がいると言われます。一つは内向的で静かな生活を好む人々、もう一方は陽気で積極的な人々です。古代の記憶や地球のデータをイルカやクジラから引き継ぐ日がいづれ来ると言います。 シリウスを起源に持つ人々は海が好きなので泳ぎが上手な人も多い一方、苦手だと言う人もいます。それは、人間の肉体では泳ぎに限界があると知っているからだと言われます。それはシリウスの人々は肉体を持たない存在だとも語られているからです。泳ぎの得意な人はサーファーやダイバーなど海に関わる仕事を選ぶ人もいます。. ベガ星人はちょっと変わった人と言う印象があります。他の人とは違った笑いのツボがあったり、一緒にいるだけでとても楽しかったりするようです。そしてベガ星人には美しい人が多いのも特徴的です。口数が多くはなく、一見物静かですが、内に秘めたものは激しかったり破壊的なものもあります。頭がよい人も多いと言います。 宇宙が舞台の物語と言えば、SF映画やドラマを思い浮かべます。シリウスやプレアデス、宇宙人などと聞くと、SFものを見たくなる人も少なくないのではないでしょうか。おすすめのSFドラマを厳選したものが下記の関連記事にて紹介されています。あわせてご覧ください。. 地球にいる人の約87%は他の惑星からやって来たと言われます。その中でもアルクトゥールス星人は、天使と大変かかわりが深いと言われており、天使とコミュニケーションを取ったり、天使を見たり等の体験が日常的にあるようです。他の人と見た目や雰囲気が違い、ほんわりとした柔らかな印象があります。 アルクトゥールス星人は色や音にとても敏感で、周波数によっていろんなことを感じ取っているとも言われます。目がキラキラしていてピュアな心を持ち、争いを好まない一面も持っています。弱点として貧血や立ち眩みがあったり、閉所や暗い所が苦手だったり、グラウンディングが弱いと言った特徴もあります。.

ベガ星人 特徴 アジェンダ 等について知りたかった理由など。今回は、ベガについて個人的なことがらで書いてみたいと思います。年1月頃に宇宙人の過去世について教えてもらえるチャンスがあったため、自分の故郷星を知ることが出来ました。実際に. More ベガ 星人 videos. ペガ星人にソガ隊員に対するライバル意識に付込まれてしまい、催眠術で操られてしまう。 リヒター博士の警備チームに選ばれたことを利用して同じチームの隊員たちや博士を暗殺。. オリオン星人の6種族の特徴と使命 多様なオリオン星人の姿; ベガ星人の特徴と使命 ベガ星出身の有名芸能人; 火星人の3タイプの特徴と使命 火星人だった前世の記憶を持つ少年; 宇宙人の転生 愛と献身と美の魂 妖精の起源 植物型の知的生命体; アンタレス星. 当初、不死の形態が発見される以前は、宇宙銀河間旅行はまれにしか行なわれていなかった。それはおそらく5万年に一度程度だった。そしてその時代には、旅に出た者は2度とリラ星に戻って来ることはなかった。こうした旅行に用いられていた宇宙船の速度は、かろうじて光速の2倍か3倍に達する程度で、しかも訪問先の惑星は非常に遠かったので、20歳で旅立った宇宙飛行士たちが、目的地の惑星に着く前に死亡するということもあった。当時の彼らの寿命が、地球年齢でいうと約250歳であったとはいえ、リラ星と他の星を隔てる膨大な距離を生き続けるには不十分だった。 その後、101万2972歳の彼らのマスターであるザイ(地球ではイエス・キリストとして知られている)が、<分解>と<融合>の技術を完成させると、光速の100倍で飛ぶ銀河間航行用の宇宙船が造られ、そして思考の速度で宇宙を移動することも可能になった。こういった革新の前に不死の問題は克服されていたが、これらによってリラ星人は宇宙を継続的に移動できるようになった。 それ以来、他の惑星の文明は、目覚しい進化を遂げるようになった。 こうしてリラ星の文明は非常に進み、ここに住んでいたリラ人は、宇宙探索のために宇宙旅行を行い、やがて彼らは銀河の遠い所まで広がり、たくさんの文明を作り、多くの植民地を作ってきた。その中で、ある一つのグループが、一つの思想形態を持ったコミュニティを作りたいと考えるようになった。そういったこともあり、たくさんの高次の文明の存在達が集まり、新たな植民地を作った。 その中で最もレベルが高かったのは、琴座人だった。. ベガ星人は(消滅した)シリウスC大戦争の時、逃げたようです。 レプティリアン達のボスはドラコレプティリアン(ルシフェル)のようです。 地球に生まれて良かった・・・と思うしかないでしょう。.

シリウス星人は宇宙エンジニアとも呼ばれます。これはシリウス星人は頭がよく、メカニックに強いためです。彼らの持つ技術を使っていろんな星の情報を得て、他の惑星に伝えると言ったこともしていると言われます。 今現在地球にもたらされている技術の中にもシリウス星人のサポートによって成功したものがあります。宇宙開発や航空技術には、シリウス星人が携わっていると言われます。特に宇宙開発はシリウスが得意とするものです。 シリウス星は惑星と惑星を中継するような役割を持っていると言われます。様々な惑星や次元に行ったり来たりする経由地のような星です。シリウスは星系の中でも大きな存在であり、各惑星を取り持つこともしていますが、中にはよくない宇宙人もいて争いもあると言います。. . リラ種族の銀河系宇宙生命体14万4000人は、長い銀河宇宙の旅を乗り切るための宇宙母船として、小さな惑星を人工的に改造し、大量の宇宙生命体が生存できる環境を造った。自然に造られた球体の惑星は、構造上、最も安全で長い宇宙の旅に適している。惑星を改造した宇宙母船内は、地上に生きているのと同じような自然環境が、人工的に造られている。 小惑星を改造した宇宙母船の中で最も大きいものが、地球の衛星の月である。 月は、地球が誕生する46億年以前から、銀河系宇宙に存在していた古い惑星で、宇宙生命体の長い放浪の宇宙旅行を維持するために改造された巨大な宇宙母船そのものであり、巨大な宇宙ステーションである。月は、太陽系よりも寿命が長く、アポロ計画での探査によって月から岩石と土を持ち帰り年代を測定したところ、53億年前のものや70億年以上のものもあり、46億年前に誕生した地球よりも古いことが判っている。また月の内部は空洞になっていることから、月には磁場がない。 この月に存在する宇宙生命体は、これから金星を介しシリウスを中継して飛来するヤハウェをはじめとしたリラ系種族の生命体14万4000人である。そしてさらに月を中継して、宇宙生命体を代表するヤハウェの導きを受けながら、地球の雛型となる大和の国を導く存在が、月の天帝、すなわち、自らを朕(ちん / 月と八と天)と呼称された天皇スメラミコトの役割である。 宇宙船によってはクリスタルを乗せていてそのパワーで動いてるものもあるが、基本的には、宇宙船の全員の思考で飛んでいる。ET(宇宙生命体)は宇宙では、この星からあの星にと行くわけではなく、次元を飛び越えているのである。 後の古代中国では、道教でいう天帝を天地・宇宙の支配者と考えていたが、この天帝が現実には月のことだった。中国古代の皇帝とは、天帝からその権威を与えられた者としてあり、いわば天帝の地上の代行者と考えられていた。そして皇帝の欠かすことのできない重要な権威の一つに、日食の時期を予言して的中させるというものがあった。なぜならば日食を起こすものは月だからである。古代中国には、日食を起こすのは世界の支配者の特権であるという天帝思想があった。その天帝の地上代理人である皇帝ならば、当然日食がいつ起きるかを国民に知らせることができなくてはならなかったのである。道教には、そのためにある周期で起こる.

シリウス星人は学問好きとしても知られます。シリウス星以外の宇宙人たちと情報交換して技術を高めたり、知りたい分野をとことん研究したりして、とても熱心に励みます。そしてシリウス星人は感受性がとても豊かです。シリウス星人たちは楽器を奏でたり歌い手、その他芸術方面で活躍するケースも多々見られます。 シリウス星人はエンターテイメント界にもたくさんいると言います。上記のような楽器の奏者や歌手、映画界、サーカス、ミュージカルなどにも多くのシリウス星人が関わっています。シリウス星人は手先も器用なので何かを作り出して人々を覚醒へと導くこともできます。これは、右脳と心が発達しているためと言われます。. 宇宙創造神である「存在のすべて」が光を生み出したということは、つまり自分に代わる親(父母)として、ヤハウェという霊的な存在を作ったということである。ヤハウェ自身は、喜怒哀楽を持ち、限りなく宇宙本源の愛に近づくために、自ら進化している存在である。そして究極的な愛を自らの内に体現し、完成させて行くことで、宇宙の根源意識と永遠に一体同化することを願いとしている。そのために愛する対象となる銀河人類の創造と進化に関わった経緯がある。そして自ら父母として育み、成長進化に関わることで、銀河人類が宇宙根源意識に目覚め、やがてヤハウェを初めとした宇宙生命体も、宇宙根源意識の愛に限りなく近づいて行く。こういったことがあり、ヤハウェや銀河系宇宙生命体の遺伝子を継ぐ地球人類も同様であり、宇宙根源意識に目覚め、銀河人類として成長進化しようとする本能が誰にも働いている。地球人類から観れば、ヤハウェや宇宙生命体は人間とは比較にならないほどの知性と霊性と能力を持ち合わせた存在である。 ヤハウェの故郷は銀河系に最も近く、太陽系から約250万光年離れたとても進化したアンドロメダ銀河で、わずかなアンドロメダ宇宙種族を引き連れて銀河系に飛来した。ヤハウェは、もともと銀河系宇宙外の存在として、原始宇宙人類の進化と創造を見守っていた霊的な存在であり、銀河人類の創造と進化に関わった存在である。つまり、銀河人類の祖である。 ヤハウェは、リラ人種を代表する12の民族と、144の部族を統率する王の立場でもある。 地球人類の遺伝子には、ヤハウェを初めとした12氏族の宇宙生命体の遺伝子が組み込まれている。リラ文明は、12の民族と144の部族を基本単位とした王族連合体であり、その中枢は、異なる役割を持つ神官と巫女による12の王族ファミリー体制となっており、ヤハウェのファミリーを中心とした、合計13の王族ファミリーが王族連合体の雛型と成っていた。. See full list on srw.

ベガ星人は非常に古い魂を持っています。 彼らは多くの資質を持つユニークな人種ですが、完璧ではない部分もありますが、ほとんど問題を抱えていません。. ベガとの姉妹星でもっとも古く歴史のある惑星。 リラ星人の魂を持つスターシードは、リーダーシップに溢れ、エネルギッシュ、前に出すぎる傾向がある。 ベガ 星人 熱しやすく冷めやすい為、最後まで完結させるのが苦手。. ベガ星人について 尋ねてみました今回は自身が高次元(ハイヤー)にアクセスして聞いた内容です。実際にはすでに、他の方がその1でまとめてくれております。Q&A方式でお伝えしたいと思います。 Q1. ベガ星人は元々融合型世界の中で生きていたリラ星人の中から、 最初に生まれた二極性を持つ人種 。. ベガ星を本拠地とし、ベガ星の独裁者・ベガ大王を総大将とした侵略軍。 ベガ星人をはじめ、ズリ星人、モール星人、ルビー星人、そしてフリード星人といった、様々な異星人で構成されている。しかし「連合軍」と銘うってはいるが実質的には、ベガ星人が屈服させた異星人を買収あるいは脅迫・洗脳により戦闘員や研究員として組み込み、ベガ星の侵略軍を肥大化させたにすぎない。ズリ星人である科学長官ズリルは地球侵略に意欲的だが、ルビー星人であるコマンダーミネオ(SRW未登場)は脅迫されて嫌々地球に攻め入り、モール星人モルスやフリード星人ナイーダにいたっては洗脳されている。 銀河全体の支配を目論む故に地球にも魔の手を伸ばしてきた。地球侵攻軍は月のスカルムーン基地に本拠を置いており、「スカルムーン師団」とも称される。 物語当初は単なる領土拡大が目当てだったのだが、後半以降はベガ星がベガトロン鉱山の爆発で崩壊してしまった為、地球を侵略しないと彼らも帰る場所がないという悲惨な境遇となってしまった。. 確かにベガ星人かもしれません ですが、あくまで「そんな感じ」 程度の話ですので 何ら確証はありません.

ベガ 星人

email: hyjic@gmail.com - phone:(393) 198-5936 x 3436

ともえ 成田 -

-> 手島 優 結婚 式
-> ペット 夏

ベガ 星人 -


Sitemap 1

ラブ ランチ 映画 - Amazon